イボ体験談|イボ除去に病院に行ったエピソード

いぼイメージ

イボの原因はいくつかあります。

その中の一つに、「ヒトパピローマウイルス」が原因で、肌に感染するとイボができます。

このヒトパピローマウイルスは、100種類以上の型が存在し、型によってそのリスクはさまざまなものになります。

また、子宮頸がんもヒトパピローマウイルスの感染が原因であることが明らかになりました。

厚生労働省より

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/hpv/index.html

イボの治療は、原因や症状によっていろいろとあり、感染するものしないものとさまざまです。

イボをたいしたことのないできものくらいに考えている人もいると思いますが、イボに気づいたら早めに病院に行って診断したほうがいいですよ。

ここでは、一般的なできものイボの体験談を紹介します。

イボよりも治療の痛みが耐えられなかった

以前足の指のイボができてつらい時期がありました。

一度病院で治してもらったんですが、多分最初は軽度の症状だったんでしょう、意外にすぐ完治した記憶がありました。

でも数年後にまた再発、なぜかいつも左足の指で似たような箇所にできるんですね。

根本的な原因がよくわからないのですが、とにかく当時はイボなら液体窒素というイメージ、これが痛いのです。

治療した日はその後歩くのが困難なほどの痛みで仕方ないので自宅療養、翌日なんとか仕事に行けるかといった具合です。

二度目はさらに深刻、多分10回ぐらい液体窒素をやりましたが改善の兆しがあまり見られないようでした。

先生も業を煮やしてか注射に変えました。

これがイボの中心部に麻酔もなく刺すわけですからまさに激痛です。

ほとんど涙目で我慢するしかないんですがさすがに辛かったですね。

先生は自衛隊で使ってるのと同じとおっしゃってましたが、それが本当かどうかは別にしても一般人の忍耐力ではギリギリ我慢できるかどうかの痛さでした。

残念ながらその注射に心が折れて二度で断念、それから皮膚科に行くのが怖くなってしまいました。

今ならもっと痛みを伴わない治療法があるんでしょうか。

でもあの頃の記憶があまりに辛すぎて一度も皮膚科に足を運んでいません。

イボも痛いですがその何倍も痛い治療、トラウマが消えません。

終わりの見えない治療 尋常性疣贅(イボ) 最初はタコかな?くらいに思っていました。

ちょうど新しいパンプスをおろした頃で、親指にあたるのが痛いなーと思いつつ履き続けていました。ですがある日痛みに耐えきれずよくよく親指を見てみると、タコのように皮膚が盛り上がった部分に黒いブツブツが。

これはただのタコじゃない、慌てて皮膚科に行きました。

診断はウィルス性のイボ。治療は、患部に液体窒素をあててウィルスを死滅させるというもの。そしてヨクイニンという漢方で皮膚の免疫力を高めること。

治る人はすぐ治るし、治らない人は時間がかかると言われて不安に感じました。

とにかく治したいのでその日から隔週で通院です。

液体窒素の治療は涙がにじむ程痛く、治療後はしばらく歩くのが辛かったです。

ある日などあまりの痛さに夜眠れず鎮痛剤を飲んだくらいです。

またウィルス性なので、気をつけてはいたのですが見事に他の場所に移ってイボが増えてしまいました。

歩けばあたる場所にできていたのでよけいに治りが遅くなったのかもしれません。

そう、医者から「もういいでしょう」と言われたのは、治療を始めて1年半もたった頃でした。その間、隔週できちんと通院していたにも関わらずです。

治ったんだと思えたときの開放感といったら!日常生活に大きく関わる病気ではありませんが、常に小さな痛みと通院というストレスがともなう嫌な病気でした。

これはいったい何だろう

肌に美しい丸いぽっちりができました。

これはいったい何だろう、と興味津々で眺めていましたが、当時風邪をひいていましたから内科医でもらった抗生物質を服用していました。

抗生物質を飲んでいる限りひどいことにはならないだろうと考えて、しばらく様子を見てみることにしたのです。

しかし、一週間たって抗生物質を飲み終えた後にも、美しく丸いぽっちりは丸々とした感じでありました。

なんだか大きくなっていました。

そして、二つ、三つと増えてきましたから、ついに皮膚科に相談しに行くことにしたのです。

診察は、なんと水いぼでした。

そういえば水ぼうそうのようないぼです。

その日は塗薬とヨクイニンを処方されただけで来週もう一度来なさいといわれました。

薬は、塗りますと水いぼが大きくなるのを防いでいるような気がします。

しかし、治ることはありませんでした。

一週間後にもう一度受診しますと、取りますか?とドクターに聞かれました。

水いぼをとることができるらしいのです。

しかし、痛みが激しいという言葉が気になりました。

放置しても半年から一年で自然治癒するというのです。

肌の抵抗力が一年くらいで出来上がるのだということでした。

ちょと面倒ですが、長い目で考えて治癒することに決まりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする