円形脱毛症体験談|原因の多くはストレス?治すには早めの受診が重要

円形脱毛症

円形脱毛症は、突然髪の毛が抜けてしまう皮膚疾患です。

その原因は、現代医学では解明されていません。

一般的には、ストレスが原因だとされていますね。

円形脱毛症のメカニズムは、体を守るはずの免疫が頭皮の下にある毛根を異物として攻撃してしまい髪が抜け落ちるというものです。

そして、新たな毛はその周囲が炎症を起こしているため新しく生えることができず休眠しているような状態になっているのです。

原因がわからないので、予防することもできません。

男女ともに、毛髪がなくなるのは心理的大きな負荷がかかるものです。

原因が不明で、確実に治療することはできませんが、改善しないわけではありません。

また、髪が抜け落ちるストレスからさらに悪化する事があるので、一度皮膚科などを受診し悩みを相談し精神的に安定することも大事だといえます。

多発性円形脱毛症ってこんなに辛い!

私は、3ヶ月ほど前から多発性円形脱毛症を患いました。

500円玉よりも大きいのが1つ、10円より少し小さいのが5つ、合計6つの円形脱毛症が左側にだけ発症していて、現在も治療中です。

初めに気付いたのは、私の姉でした。

姉も経験があったらしく、私が気付いてるか気付いていないか分からなかった為、私から円形脱毛症になったと申告するまで伝えてきませんでした。

私自身が気付いたのは、普段頭を触るには有り得ない感触が触れて気付きました。

初めはショックすぎて後頭部にある以上、髪の毛を結うのも恐怖、どのタイミングで見えるか分からない、この不安が付いて回って、仕事以外の外に出るのは避けていました。

小さいものはあまり気にせず生活していれば知らぬ間に治るといいますが、私の場合は大きすぎる円形と多発性。

気付いてから1週間後に皮膚科へ行きました。

初めに緑の液体状の塗り薬とローションを処方され塗っていましたが、塗り方に説明がなく、液体状の塗り薬が垂れて正常な皮膚までかぶれてしまいました。

円形脱毛症は根本的な完治の治療法はないので、我慢するかと思いましたが正常な皮膚までかぶれてしまっては意味がないので病院を変え、美容皮膚科へ行きました。

先程もお伝えしましたが、円形脱毛症には根本的な完治の治療法はないので処方されたものは特に変わりはありませんでした。

ですが、塗り方を丁寧に教えて頂き、今では小さいものはそこまで目立たなくなりました。

円形脱毛症となった毛根は死んだわけではなく、休止してる状態だと言われたので抜けるのは早いけど伸びるのは時間が掛かると言われたのも安心の1つでした。

時間は掛かっても生えてくると思えることが大事なんだと思います。

医学的には円形脱毛症はストレスが直接の原因ではないというものの、私の実体験からするとストレスは大きく関係していると思います。

すぐに取り除けるストレスでない場合は、皮膚科へ受診しお薬を処方してもらい、いつかは生えてくるだ!と思える気持ちが芽生えると徐々に回復の兆しが見えてくるのかなと思います。

円形脱毛症に悩んでる方はあまり考えちゃいけないと言われるものの考えてしまう気持ちは痛い程分かるので、焦らずゆっくり治していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする