「 2017年08月 」一覧

結節性痒疹体験談|蚊やブヨに刺されることで発症する皮膚疾患

結節性痒疹イメージ

夏から秋にかけて多く見られ、その原因は解明されていないのですが、蚊やブヨに刺されることによるアレルギー反応だと考えられています。

はじめは、蚊に刺さされたような発疹で、痒いため掻くとどんどん大きくなり、睡眠ができないほどの痒さになることもあります。

完治するまでは、時間がかかりそれまでかゆみを抑える薬を処方される事が多いものです。

蚊に刺されるたびに病院行く訳にはいきませんが、普段より痒い・発疹がなかなかおさまらない場合は早いうちに病院で受診してください。

 

虫刺されが治らず、どんどん痒みが悪化し結節性痒疹

 

これは、私の息子が経験した皮膚病の話です。

息子は外遊びが大好きなため、虫よけ対策をしてもよく蚊にさされてしまうことがあります。

でも、蚊にさされたくらいなら市販の虫刺されの薬を塗っておけば数日で治るし、さほど気にはしていませんでした。

しかし何日経っても治らず、息子もひどく痒がるんです。

しかも蚊にさされた部分だけではなくて、他の皮膚にもとびひのようにポツポツとできものができて、そこもひどく痒がり、寝ながら掻き壊してしまいました。

これはおかしいと感じて、すぐに近所の皮膚科を受診しました。

すると医師は息子の症状を見るなり「これは結節性痒疹といって、虫刺されがかなり悪化した状態。難治性の皮膚病ですよ。痒みが猛烈にひどくて辛いんです。」と言いました。

聞いたことのない病名で、そんなにも息子は辛い思いをしていたのだと思うと、もっと早く皮膚科に連れてきてあげたらよかったと申し訳なくなりました。

治療法はアレロックという飲み薬と強いステロイドが配合された塗り薬です。

これらでみるみるうちに痒みは引いていき、夜中に掻きむしることもなくなりました。

しかし、難治性の皮膚炎といわれるだけあって、完治するまでに約1年以上もかかりました。

蚊にさされただけだと甘く見てはいけないと思い知らされました。


接触性皮膚炎体験談|かゆみでアクセサリーなど身につけれないことも

接触性皮膚炎イメージ

接触性皮膚炎は、何らかの外的刺激が肌に接触することで皮膚に炎症を起こしてしまうものです。

一般的には、かぶれと呼ばれるもので、かゆみや痛みを伴うこともあります。

接触性皮膚炎になる原因に「刺激」と「アレルギー」の2つのどちらかです。

その原因のものを突き止め改善する方法を見つけなければいけないので、症状が出たときには病院で原因を突き止めておくことが大事だといえます。

 

眼鏡をかける生活が始まって、接触性皮膚炎に

長年コンタクトレンズを愛用していたのですが、目のトラブルが多くなったので、思いきって眼鏡をかけることにしました。選んでもらったフレームも気に入って愛用していたのですが、常時眼鏡をかけるようになったことで、ひとつトラブルが起きました。

それは、耳の裏が痒くなることです。

私の場合は左の耳だけなのですが、痒みがひどく一向に良くなりません。それでも、ずっと痒みが止まらないわけではなく、何ともない時もあるので様子をみていました。

しばらくすると頻繁に痒くなり、風呂上りに痒み止めの軟膏を塗っていました。塗った直後は、痒みが治まったようにも感じますが、時間が経つとまた同じことの繰り返しです。私は病院に行くことを決めました。

皮膚科の医師には「接触皮膚炎」と言われ、軟膏を処方されました。

眼鏡をかける人にはよくあることのようで、コンタクトを止めたことで眼鏡をしている時間が長くなったことが原因でした。

しばらく眼鏡をしないでいれば治るとも言われましたが、目のトラブルがあるので今更コンタクトレンズには戻れません。私は何かいい方法はないかと考えてみました。

まず、眼鏡のフレームを替えてみること、軽くて皮膚に負担の無い材質のものに替えてみました。

また、眼鏡をかける前に「ワセリン」を塗ってみました。

耳の裏を保護するために、ワセリンがベールになってくれればと思いました。

それ以降は、痒みも治まり、皮膚炎からも解放されました。

効果を感じるまで少し時間がかかりましたが、徐々に良くなっていったので嬉しかったです。

 


円形脱毛症体験談|原因の多くはストレス?治すには早めの受診が重要

円形脱毛症

円形脱毛症は、突然髪の毛が抜けてしまう皮膚疾患です。

その原因は、現代医学では解明されていません。

一般的には、ストレスが原因だとされていますね。

円形脱毛症のメカニズムは、体を守るはずの免疫が頭皮の下にある毛根を異物として攻撃してしまい髪が抜け落ちるというものです。

そして、新たな毛はその周囲が炎症を起こしているため新しく生えることができず休眠しているような状態になっているのです。

原因がわからないので、予防することもできません。

男女ともに、毛髪がなくなるのは心理的大きな負荷がかかるものです。

原因が不明で、確実に治療することはできませんが、改善しないわけではありません。

また、髪が抜け落ちるストレスからさらに悪化する事があるので、一度皮膚科などを受診し悩みを相談し精神的に安定することも大事だといえます。

 

多発性円形脱毛症ってこんなに辛い!

 

私は、3ヶ月ほど前から多発性円形脱毛症を患いました。

500円玉よりも大きいのが1つ、10円より少し小さいのが5つ、合計6つの円形脱毛症が左側にだけ発症していて、現在も治療中です。

初めに気付いたのは、私の姉でした。

姉も経験があったらしく、私が気付いてるか気付いていないか分からなかった為、私から円形脱毛症になったと申告するまで伝えてきませんでした。

私自身が気付いたのは、普段頭を触るには有り得ない感触が触れて気付きました。

初めはショックすぎて後頭部にある以上、髪の毛を結うのも恐怖、どのタイミングで見えるか分からない、この不安が付いて回って、仕事以外の外に出るのは避けていました。

小さいものはあまり気にせず生活していれば知らぬ間に治るといいますが、私の場合は大きすぎる円形と多発性。

気付いてから1週間後に皮膚科へ行きました。

初めに緑の液体状の塗り薬とローションを処方され塗っていましたが、塗り方に説明がなく、液体状の塗り薬が垂れて正常な皮膚までかぶれてしまいました。

円形脱毛症は根本的な完治の治療法はないので、我慢するかと思いましたが正常な皮膚までかぶれてしまっては意味がないので病院を変え、美容皮膚科へ行きました。

先程もお伝えしましたが、円形脱毛症には根本的な完治の治療法はないので処方されたものは特に変わりはありませんでした。

ですが、塗り方を丁寧に教えて頂き、今では小さいものはそこまで目立たなくなりました。

円形脱毛症となった毛根は死んだわけではなく、休止してる状態だと言われたので抜けるのは早いけど伸びるのは時間が掛かると言われたのも安心の1つでした。

時間は掛かっても生えてくると思えることが大事なんだと思います。

医学的には円形脱毛症はストレスが直接の原因ではないというものの、私の実体験からするとストレスは大きく関係していると思います。

すぐに取り除けるストレスでない場合は、皮膚科へ受診しお薬を処方してもらい、いつかは生えてくるだ!と思える気持ちが芽生えると徐々に回復の兆しが見えてくるのかなと思います。

円形脱毛症に悩んでる方はあまり考えちゃいけないと言われるものの考えてしまう気持ちは痛い程分かるので、焦らずゆっくり治していきましょう。


尋常性白斑(白なまず)体験談|原因・治療方法が不明の皮膚疾患

白斑イメージ

尋常性白斑は、未だに根本的な原因がわからない病気の一つです。

通常の場合、紫外線を浴びると皮膚の中にある、色素細胞(メラノサイト)がメラニン(色素)を生み出し、肌の色を黒くし、肌を紫外線から守ろうと働きます。

尋常性白斑で肌が白くなっている原因は、皮膚の中にある色素細胞(メラノサイト)が何らかの原因で、消失したことにより、メラニンが生み出されず白い肌のままになります。

https://ohshima-hifuka.jp/medical/vitiligo/

(大島皮膚科ホームページより)

体質改善や生活習慣などで尋常性白斑が改善されたケースは、存在します。

尋常性白斑の体験談を紹介します。

 

気持ち悪がれ、クラスメートにも敬遠された

 

鏡を見てふと口の右側に白っぽい部分があるのに気付いたのが中学生の頃、痛くも痒くもないので気にはならなかったのですが親も含めた周囲からは「それは何?」ときかれることが多かったです。

親に連れて行かれた皮膚科では聞いたこともない「尋常性白斑」という病名を聞かされました、一般には「白なまず」という不気味な名前があるそうで、これは友人に知られるとからかわれるだろうし、恥ずかしくて大変なので誰にも教えませんでした、そうでなくとも感染するのではないかと私が近くに寄るのを嫌がるクラスメートがいたくらいです。

病院で処方してもらったものは洗顔後や風呂上がりに塗る薬と、外出時に白い部分をガードする目的のクリーム、これは日焼け止めなのです。

正直なところ薬の効果はそれほどありませんでしたが、1ヶ月程度で塗るのを中止してしばらく様子を見るようにとの指示の後、約半年ほどをかけて白い部分は徐々に消えて行きました。

何が原因で突如として肌の一部が白くなったのかが不明なように、半年かけてその部分が消えて行った原因もまた不明です。

病院の先生にようと尋常性白斑は原因がまだよくわかっていないとのこと、また再発するかもしれないと言われましたが、それ以後今に至る40年間というものは一度も再発はありませんでした。

 


ニキビ体験談|重度の症状は、悲惨。誰もが一度は経験する皮膚疾患。

ニキビ

ニキビは、一度はなったことがある人がほとんどだと思います。

ニキビは、毛穴に皮脂が詰まりそこにアクネ菌が増殖して炎症する皮膚病です。

青春ニキビは、成長期の成長ホルモンが皮脂腺に刺激を与えて皮脂の過剰分泌や代謝が早く毛穴の出口に角質が詰まったりして、できてしまうものです。

青春ニキビの場合は、成長期が終わると共に皮脂の分泌が正常に戻り自然に治ることが多いものです。

青春ニキビは、顔のTゾーンにできやすいです。

大人ニキビは、ストレスや生活習慣により皮脂の量が増えで毛穴が詰まることが原因でニキビができてしまいます。

大人ニキビは口の周りや顎のラインのUゾーンにできやすいです。

どちらのニキビも正しい対処をしないと、肌がクレーター・ブツブツ・シミの原因となる可能性があります。

ニキビになったら適切な処置をする昼用があります。

 

ニキビ顔にさよなら。

 

中学生になった頃、学校のストレス、部活などのせいか、おでこにニキビがありました。

最初は、そんなに目立つこともなく、「青春の象徴」と笑っていました。

しかし、どんどんニキビはひどくなっていきました。

おでこのニキビが一番ひどく、ケロイド状になり、かゆくてたまらなかったです。

さすがに、このひどい状況を見兼ねた母に皮膚科に連れていってもらいました。

はじめは、一番近くの皮膚科に行きました。

ですが、一向に良くならず…

母が知人から聞いた評判のいいお医者さんに連れて行かれました。

硫黄の入った液体の薬を処方してもらったり、ニキビによいと言われるちょっと高価な石鹸を買ってもらったり…

色んなニキビによいと言われるものを色々試しました。

夏場は部活の汗のせいか、かなりひどい状況になっていました。

痒いを通り越して、痛かったです。

秋になり、少し涼しくなるとちょっとだけよくなる…その繰り返しでした。

毎月のように皮膚科に通っていました。

中学を卒業して、高校に入ると少しずつよくなってきました。

あまりに酷いときは、ステロイドの薬も処方されていました。

高校を卒業するころには、少しずつよくなり、今ではニキビ痕もほとんど目立たないくらいに綺麗になりました。

ニキビとの戦いは長かったですが、ちゃんと病院に行ってよかったです。

 


光アレルギー体験談|紫外線アレルギーや日光アレルギーのエピソード

光アレルギーイメージ

光に対してアレルギー反応をしてしまう人がいます。

光アレルギーの中に紫外線アレルギー、日光アレルギー、光線過敏症などがあります。

日光アレルギーと紫外線アレルギーは、ほとんど同じ病気だといえます。

違いを言うと、重度の紫外線アレルギー人は蛍光灯の光に含まれる紫外線でも何らかの反応をしてしまう人がいるのですが、日光アレルギーの人は蛍光灯では反応はしません。

そういった違いがありますが、光が原因のアレルギー反応を起こす人がいます。

光を浴びると肌が赤くなったり、痒くなったり、目が充血したり、吐き気を起こしたりなどさまざまな症状があります。

光アレルギーは、ある日突然発症することもあり、光を避けて生活することはできないので無関係でいることはできません。

光アレルギーになる原因は、ストレス・不規則な生活や日焼け止めが合わないなどさまざまです。

光は、生活には欠かせないものなのでもし、発症してしまったら早めに病院に行って検査をすることをおすすめします。

 

紫外線アレルギーの湿疹が塗り薬で改善されました

 

ある日、腕に赤い湿疹が出来て痒くなって来ました。

市販の薬を付けてもなかなか治らず、皮膚科に行ってみました。

すると医師からは、腕だけではなく首にも出ている事を指摘されました。

原因は、紫外線で紫外線が当たった部分に湿疹が出ると言われました。

とくに紫外線が強い5月から9月までは、長袖を来て日焼け止めもしっかりと塗るよう指示されました。

湿疹が出来ている部分は、塗り薬で治る事を聞き安心しました。

お医者さんの指示通り塗り薬を塗り続けると、1週間程度で湿疹は完全に治りました。

ただ紫外線アレルギーである事を指摘されたので、それからは外に出る時は長袖を着ないといけなくなったのでそれが少し辛かったです。

しかし、暑いからと長袖を着ないで外に出てしまうとやはり湿疹が出てしまい、また薬を塗って治すという状態になってしまいました。

しかし、お医者さんの指示された通りに日焼け止めを塗って長袖を着ていれば、湿疹が出ずに済む事が分かったのでそれからは、お医者さんの指示通りに過ごしています。

そのおかげで、今では湿疹が出て辛い思いをする事はなくなりました。

注意は必要ですが、症状が抑えれれているのでお医者さんに感謝しています。

 

夏に発症した日光アレルギー

 

私は3年前の夏から、この時期になると毎年両腕にザラザラした湿疹が出来るようになりました。

なんだろうと思いつつも、色が白いから何かできても目立つだけなのかな?とか少し痒いけど涼しい時期になると無くなるから、、、と軽い気持ちで考えていました。

今年の7月もザラザラした湿疹が出ましたが、去年昨年に比べて湿疹の範囲が広く、肘の上の箇所も赤みがありました。

良く見ると湿疹には水ぶくれが出来ていて、その水ぶくれがつぶれると周りにかゆみが広がっていきました。

耐えられない痒みと見た目に皮膚科に行った所、日光アレルギー(日光過敏症)と診断されました。

特に今年は日差しが強いので、どの年よりも強く発症したのではないかという意見でした。

塗り薬と飲み薬を処方され、なおかつ外出時は必ず長袖を着るようにと言われました。

確かに、湿疹が発症した部分は半袖の袖口から下でしたので、診断されてからは、外出の際は必ず長袖のパーカーを羽織るなり、10時から14時以外は外出をさけるようにしました。

また屋内にいる際もなるだけ窓からの日差しをさけるようにしました。

そうすると、湿疹がうその様に全く出なくなりました。

ただ、水ぶくれの潰れた跡がひどくて、まだすこし黒ずみとして残っています。

少しの湿疹でも、私のようにひどくならないように早めに病院に行かれる事をオススメします。


イボ体験談|イボ除去に病院に行ったエピソード

いぼイメージ

イボの原因はいくつかあります。

その中の一つに、「ヒトパピローマウイルス」が原因で、肌に感染するとイボができます。

このヒトパピローマウイルスは、100種類以上の型が存在し、型によってそのリスクはさまざまなものになります。

また、子宮頸がんもヒトパピローマウイルスの感染が原因であることが明らかになりました。

厚生労働省より

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou28/hpv/index.html

 

イボの治療は、原因や症状によっていろいろとあり、感染するものしないものとさまざまです。

イボをたいしたことのないできものくらいに考えている人もいると思いますが、イボに気づいたら早めに病院に行って診断したほうがいいですよ。

ここでは、一般的なできものイボの体験談を紹介します。

 

イボよりも治療の痛みが耐えられなかった

以前足の指のイボができてつらい時期がありました。

一度病院で治してもらったんですが、多分最初は軽度の症状だったんでしょう、意外にすぐ完治した記憶がありました。

でも数年後にまた再発、なぜかいつも左足の指で似たような箇所にできるんですね。

根本的な原因がよくわからないのですが、とにかく当時はイボなら液体窒素というイメージ、これが痛いのです。

治療した日はその後歩くのが困難なほどの痛みで仕方ないので自宅療養、翌日なんとか仕事に行けるかといった具合です。

二度目はさらに深刻、多分10回ぐらい液体窒素をやりましたが改善の兆しがあまり見られないようでした。

先生も業を煮やしてか注射に変えました。

これがイボの中心部に麻酔もなく刺すわけですからまさに激痛です。

ほとんど涙目で我慢するしかないんですがさすがに辛かったですね。

先生は自衛隊で使ってるのと同じとおっしゃってましたが、それが本当かどうかは別にしても一般人の忍耐力ではギリギリ我慢できるかどうかの痛さでした。

残念ながらその注射に心が折れて二度で断念、それから皮膚科に行くのが怖くなってしまいました。

今ならもっと痛みを伴わない治療法があるんでしょうか。

でもあの頃の記憶があまりに辛すぎて一度も皮膚科に足を運んでいません。

 

イボも痛いですがその何倍も痛い治療、トラウマが消えません。

 

終わりの見えない治療 尋常性疣贅(イボ) 最初はタコかな?くらいに思っていました。

ちょうど新しいパンプスをおろした頃で、親指にあたるのが痛いなーと思いつつ履き続けていました。ですがある日痛みに耐えきれずよくよく親指を見てみると、タコのように皮膚が盛り上がった部分に黒いブツブツが。

これはただのタコじゃない、慌てて皮膚科に行きました。

診断はウィルス性のイボ。治療は、患部に液体窒素をあててウィルスを死滅させるというもの。そしてヨクイニンという漢方で皮膚の免疫力を高めること。

治る人はすぐ治るし、治らない人は時間がかかると言われて不安に感じました。

とにかく治したいのでその日から隔週で通院です。

液体窒素の治療は涙がにじむ程痛く、治療後はしばらく歩くのが辛かったです。

ある日などあまりの痛さに夜眠れず鎮痛剤を飲んだくらいです。

またウィルス性なので、気をつけてはいたのですが見事に他の場所に移ってイボが増えてしまいました。

歩けばあたる場所にできていたのでよけいに治りが遅くなったのかもしれません。

そう、医者から「もういいでしょう」と言われたのは、治療を始めて1年半もたった頃でした。その間、隔週できちんと通院していたにも関わらずです。

治ったんだと思えたときの開放感といったら!日常生活に大きく関わる病気ではありませんが、常に小さな痛みと通院というストレスがともなう嫌な病気でした。

 

これはいったい何だろう

 

肌に美しい丸いぽっちりができました。

これはいったい何だろう、と興味津々で眺めていましたが、当時風邪をひいていましたから内科医でもらった抗生物質を服用していました。

抗生物質を飲んでいる限りひどいことにはならないだろうと考えて、しばらく様子を見てみることにしたのです。

しかし、一週間たって抗生物質を飲み終えた後にも、美しく丸いぽっちりは丸々とした感じでありました。

なんだか大きくなっていました。

そして、二つ、三つと増えてきましたから、ついに皮膚科に相談しに行くことにしたのです。

診察は、なんと水いぼでした。

そういえば水ぼうそうのようないぼです。

その日は塗薬とヨクイニンを処方されただけで来週もう一度来なさいといわれました。

薬は、塗りますと水いぼが大きくなるのを防いでいるような気がします。

しかし、治ることはありませんでした。

一週間後にもう一度受診しますと、取りますか?とドクターに聞かれました。

水いぼをとることができるらしいのです。

しかし、痛みが激しいという言葉が気になりました。

放置しても半年から一年で自然治癒するというのです。

肌の抵抗力が一年くらいで出来上がるのだということでした。

ちょと面倒ですが、長い目で考えて治癒することに決まりました。


粉瘤(アテローム)体験談|粉瘤で病院に行ったエピソード

粉瘤イメージ

粉瘤(アテローム)は、体中のどこにでもできるものです。

そして、原因がはっきりとわからないことから誰にでも起こる可能性がある皮膚疾患だといえます。

粉瘤の進行状態は、個人差が強く何十年も小さなものでほとんど害がない人もいれば、1センチほどのものがみるみる大きくなって痛みを伴ってしまう人もいます。レアケースですが粉瘤がガンになった人もいます。

粉瘤は皮膚のしたに古い角質や皮脂などの老廃物が入った袋ができているものです。

手で触ると硬いしこりになっています。

硬くなってしまっているので、自然に治ることはまずありません。

放置しておくと、そのままの大きさであり続けるのか、だんだんと大きくなるだけです。

粉瘤を根治するには手術できれいに取り除く必要があります。

 

粉瘤は除去手術をしたほうがいいのかどうか

 

ある時、寝ていると背中の一部が痛いことに気が付きました。触ってみるとぷくっと膨れていたのでニキビか吹き出物が化膿したのだろうと思い、家にあった塗り薬をつけていました。

ところが数日経っても痛みは治まらず、腫れも少し大きくなったように感じたので皮膚科で診てもらいました。

するとたぶん粉瘤だろうということで炎症を抑える塗り薬と抗生剤の飲み薬をもらいました。飲み終わったらまた来て下さいとのことでした。

粉瘤は始めて聞く言葉でネットで調べてみるとニキビとは違い、切除しない限り治らないとのことでした。皮膚科の先生が言っていた通り繰り返し炎症を起こすことがなければわざわざ手術して除去する必要はないと書いてありました。

でも先生は様子を見るのでも除去手術をするのでもどちらでもいいと言っていたのでどうすれば良いか悩みました。

抗生剤を飲むうちにだんだん痛みは治まり、腫れも引いていきました。まだ赤みは残っていましたが再度受診すると皮膚科の先生から炎症は治まっているのでこのまま様子を見て又、炎症を起こすようであれば手術を勧めると言われました。

ずっと気になるくらいなら取ってもらおうと思っていましたが確かに急いで今取らなくてもいいような気もしてきて様子を見ることにしました。

それから2年経ちますが今のところ炎症を起こしていません。

ただ触ると皮膚の下に何かぷくっとした物に触れるのですっきりした気分にはなれずにいます。

 

粉瘤手術の後、意外に大変だったこと

 

今から数年前、口の右脇に直径1㎝ほどの粉瘤(ふんりゅう)ができたことがありました。粉瘤とは身体から出た老廃物が一カ所に溜まり、皮膚がイボのように盛り上がる病気です。

普段は痛くもかゆくもないのですが、顔にできて目立つために、病院へ行くことにしたのです。

ネットで検索すると、取り除くには手術が必要だとのこと。そこで、形成外科も専門にしている皮膚科へ通院することにしました。

主治医と相談してすぐに手術に取りかかり、皮膚の中にある老廃物を取り出し、手術は20分程度で終わりました。

手術して取り出した老廃物は悪性の物があると言うことなので、大学病院へ検査に出しましたが、結果は良性で安心しました。

抜歯まではしっかり傷口を塞ぎ安静にしていました。しかし、その後が以外に大変だったのです。

手術跡が堅く縮み上がり、その傷口を柔らかくするために薬を食後毎日飲まなければいけなかったのです。

そして、薬をまじめに飲み続け一ヶ月おきに通院しました。しかし、なかなかよくならず、1年以上も通院する羽目になったのです。

顔に粉瘤ができると、ある程度顔に傷が残ることは覚悟していたものの、手術前に、どの程度傷が残るのか? 手術後はどの程度通院が必要なのか? 前もって主治医と相談していなかったことを、後悔した次第であります。

 


爪水虫体験談|完治までに時間がかかる爪水虫のエピーソード

爪水虫

爪水虫は読んで字の通り爪にできてしまう水虫です。

爪水虫は、皮膚の水虫と同じ白癬菌に感染してできるものです。

多くの人は、足の親指から感染し、他の指にも感染してしまいます。

爪水虫になると、爪が厚く濁ったり、爪の表面がボロボロになったり、爪の周りに炎症ができたりします。

爪水虫になると、サンダルや下駄など足の爪を見せる履物が爪の見た目が非常に悪いので履けなくなってしまいます。

爪水虫は共用の爪切りなどを使っていると、そこから家族や知人にも感染してしまうのです。

爪水虫は、皮膚の水虫と比べ治療には時間がかかるので、出来る限り早く治療を開始するようにしましょう。

 

病院の飲み薬で、爪水虫を根治することが出来ました。

 

10代の頃から水虫を患い、20代になると白癬菌が爪の中まで侵入し、爪は白濁して分厚くなってしまいました。

初めは左足の小指だけだったのですが、それが隣の薬指にまで感染してしまったようで、徐々に広がっていく症状に「このままではヤバい」と、せっせと市販薬を買ってきてはこまめに塗っていました。

軟膏や液状のタイプ、いろんな医薬品メーカーのものを使ってみましたが、残念ながらどれも納得のいく効果は得られませんでした。

爪まで白癬菌が侵入してしまうと、治すのは難しいということなんでしょう。

なかなか爪の内部にまで薬の成分が浸透しないみたいです。

爪水虫の厄介なところは、かゆみも勿論のこと、その見た目の悪さです。

夏場、裸足にサンダルなんて時は、人の目も気になります。

女性だったらマニキュアを楽しみたいところなのですが、爪が分厚くなっているとマニキュアを塗るのも難しくなります。

20代のオシャレを楽しみたい年頃だったら悩みは深刻です。

彼氏に知られるのも恥ずかしいですしね。

結局、このままではいつまでも治らないと思い、意を決して病院に行くことにしました。

そこで処方された飲み薬を飲むと、数カ月で爪は元に戻ることが出来たんです。

それまで市販薬を買い続けていたことがバカみたいでしたね。

無駄なお金を使ってしまったと後悔したのでした。

 

クラビットで爪水虫が治った

長年爪水虫を煩っていて、もう何十年にもなるのではないかと思います。

足の薬指であり、爪の中が伸びるといつも膨れ上がって白くなってしまいます。

時々痒くなる時もありますが、それでも特に気にすることなく、そのままにしていました。

ある時、足の骨折をして大きな手術をすることになりました。

足にプレートを入れる必要が生じてしまったのですが、その箇所が悪くて塗った傷口が抜歯をしたら開いてしまい、皮膚が壊死してしまったのです。

それからが大変で、特殊な装置をそこに当てて傷の回復を早める処置が始まり、傷口の中に菌が入る懸念があったために、抗菌剤としてクラビットというものを処方されて毎日飲むように言われました。

それを2か月以上飲み続けることになったのですが、特に副作用もなく問題はなかったのですが、不思議なことに、爪水虫が小さくなってきて、すっきりとしたきれいな爪になったのです。

爪水虫の薬ではないのですが、菌を殺すという働きをしてくれたのかもしれません。

クラビットは大きい錠剤で、飲みにくいのであまり好きではなかったのですが、傷口がきれいに治り、そして全く予想をしていなかった爪水虫まで治ったので、それを真面目に服用して良かったと思いました。

 

足の運動で爪水虫が改善

 

私は長年爪水虫に悩んでいました。

爪水虫があるせいで、人前で裸足になれませんでした。

夏でも爪が見えるサンダルも履けずに過ごしていました。

「人目を気にする必要がない綺麗な足になりたいなあ・・・。」とずっと思っていました。

あるときふと「足の先に異常が現れるっていうことは、その上の部分の循環が悪いのかな?」と思ったのです。

調べてみて、水虫と静脈の関係はなくはないという結論に達しました。

ではどうすれば良いのだろう?と思いました。

「とりあえず、足全体の循環を良くしてみよう。」と考え、出来る範囲で実践することにしました。

出来るだけ歩く、膝や足首や足指の関節をよく動かす、太もも・ふくらはぎ・足のマッサージをするなど、少し時間が空いた時やテレビを観ながら習慣付けるようにしました。

いったん習慣付けると、こっちのものです。

むくみも取れてすっきしするしなかなかいいなと思いました。

正直、爪水虫に対する効果は特に期待せずにやり続けていたのですが、始めて3ヶ月くらい経ったとき爪が綺麗になり始めたのを感じました。

全体的に真っ白だった爪が、根元は綺麗に生えてきているのです。

「おお、もしかして効果が出てきた?」と驚きました。

他に特に薬を塗るなど対策はしていないので、足の運動しか考えられません。

なかなか健康的な方法だと思います。

個人差もありますし絶対治ると断定は出来かねますが、私のようなケースもあるということを知っていただきたいです。


大人アトピー体験談|再発が多い大人アトピー改善エピソード

アトピー

アトピーと聞くと子供の病気の印象を持っている人は多いと思います。

しかし、最近では大人になってからアトピー性皮膚炎になったという人も多いのです。

 

アトピーは、肌のバリア機能が低下しているときに強い刺激を受けて発症する病気です。

子供のアトピーは、成長するに連れて肌のバリア機能が強くなることで改善されます。

大人になってからアトピーが発症した人は、食生活や生活習慣・ストレスによって肌のバリア機能が低下してしまったのが原因で、発症します。

大人アトピーを治すには、肌のバリア機能を以前のように取り戻す必要があるといえます。

主に生活習慣を変えなければいけないので、なかなか治す事ができなかったり、治ったと思っていてもちょっとした生活リズムの乱れやストレスで再発してしまったりします。

 

アトピーは自然食を食べて治す

私は5年前くらいまで、顔の瞼や頬や首の横側や指などにアトピー性皮膚炎のような症状が出ていました。

私がそのアトピー性皮膚炎のような症状が出てしまったのは、アイプチという二重まぶたにする化粧品を使い始めたのがきっかけでした。

私は皮膚科に行ってステロイドの塗り薬を処方して貰って、アトピー性皮膚炎の症状が出ている部分に塗り続けました。

そのステロイドの塗り薬を塗るのを止めると、すぐにまた顔にアトピー性皮膚炎の症状が出てしまうので私はどうしたら良いのかな~と思いました。

そして私はインターネットでアトピー性皮膚炎を治す為に色々な方法を調べました。

すると食事療法が良いということが分かり、私はお肉や魚介類や白砂糖やショートニングやマーガリンなどの食品を食べないようにして、毎日アトピーに良いと言われている品種の無農薬の玄米ご飯や野菜サラダや野菜の煮物、昆布の煮物や旬の山菜のおかずなどを食べ続けました。

1年くらいこのような食事を続けていると、顔の瞼や頬や首の横側や指などに出来ていたアトピー性皮膚炎が綺麗に無くなりました。

やはり皮膚病というのは体の根本的な部分から治す必要があるんだな~と思いました。

アトピー性皮膚炎を根本的に治すには、食事を改善すると良いと思います。

 

体質改善でアトピーがわからないようになった体験

私は大人になってからアトピー性皮膚炎を発症しました。

軽いものではあったのですが、顔に出るためとても気になりました。

特に体温が上がった時に皮膚が赤くなり、りんご病みたいになるのが恥ずかしかったです。

それからは、少しでも良くするために必死でした。

まず、乾燥からも赤くなるため、保湿は徹底しました。お風呂上がりは全身にボディクリームを塗り、赤みや痒みを抑えました。

そして、内側からの体質改善にも努めました。

食事の面では、今まで以上に栄養バランスを考え、外食はできるだけ控え、和食中心に変えました。

また、甘いものやスナック菓子の類はほぼやめました。

そして、スキンケアも見直し、化粧水や乳液はとにかく肌に優しいものを選ぶように心がけました。

今まで使ったものの中では、一番ハトムギシリーズが効果がありました。

化粧水はさっぱりで、乳液はしっとりしていて、バランスよく保湿ができる商品です。

また、肌を休めることも大事だと考え、週に2日ほどはメイクをしない日を作りました。こうすることで、肌の調子が良くなります。

私はこの方法を一年続けることで、ほぼ顔の赤みは消えました。

今でも寝不足になったり甘いものを食べたりすると、肌荒れを起こすことはありますが、すぐに治るようになりました。